岡光彦のMy Happy Restaurant世界あの街この店

ヨーロッパ・アジアの楽しく美味しい街ある記

キューバ Cuba ハバナHabana

キューバ革命と言えば髭のカストロ!だが、もう一人の立役者ゲバラは生き様のカッコよさから親しみを込めてCheチェの愛称で呼ばれ、街中でも土産店のグッズやTシャツでも不滅の英雄である。アメリカとの国交回復によって往来し易くなったもののキューバの首都ハバナは1959年以来ずっと時の停止した鎖国状態だったので、旧ソ連製エンジンを搭載した改造キャデラックとトラック荷台の乗合バスやココナツ型ココタクシーが走り回る市街地はレトロなテーマパークの感がある。昼夜を問わず街角でサルサやルンバなど多彩なラテンライブに遭遇できてウキウキ楽しいが…激しいリズムにも何となく哀愁を感じてしまうのは、ルーツが植民地時代にアフリカから連行され過酷な労働を強いられた黒人奴隷の僅かな救いと喜びを求めた肉体表現だったからだろうか?と思ったら、国立舞踏団スタジオで最高の先生から即興ステップの特訓を受けて夜のライブハウスに備えよう!腹ごしらえは名店ボデギータでミント葉がたっぷり入ったモヒートを飲みながら郷土料理コングレ…キューバで赤飯!というのも嬉しいではないか!

f:id:ChoigeeMitsu:20210703113119j:plain

壁面にもChe  英雄ゲバラ Ernesto Guevara

f:id:ChoigeeMitsu:20210703113134j:plain

我が家を走るカワイイCocoタクシーと乗合バス

f:id:ChoigeeMitsu:20210703113156j:plain

何時でも何処でも街角ライブ

f:id:ChoigeeMitsu:20210703113214j:plain

Salsa レッスン 国立舞踏団

f:id:ChoigeeMitsu:20210703113231j:plain

ラ・ボデギータ・デル・メディオ

f:id:ChoigeeMitsu:20210703113248j:plain

定番食は赤飯みたいなコングレ

 

キューバCuba ハバナHabana フロリダMiami

キューバで貴重な外貨の稼ぎ頭は国賓用コイーバや可愛い箱のロメオ&ジュリエットなどで知られるシガーと黄色いボトルでお馴染みのラム酒ハバナクラブだが、枚挙に暇がないメジャーリーガーを除いて最高の人的財産といえば1999年以降に映画とライブで世界中に感動の嵐を巻き起こしたブエナビスタソシアルクラブの超熟年ミュージシャンに違いない。スペイン語の意味は分からなくても一度耳にしたら忘れられない歌声は不滅の伝説と化しているが、レジェンドと言えば名作「老人と海」も当地が舞台…セントラル公園近くにあるフロリディータで砂糖抜きのフローズンダイキリ「パパ・ヘミングウェイ」をお気に入りのカウンター席で微笑んでいる大作家とカストロの写真に献杯しよう!このラム酒とライムのカクテルは結構キクので酔ったイキオイで名物トロピカーナに行ってしまおう!ここが本当に共産国?とビックリ仰天の露出度アップのド派手ショー!えーい…ここまで盛り上がってしまったら帰路はマイアミ経由でアメリカ流のオモテナシも堪能するっきゃないぜ!

f:id:ChoigeeMitsu:20210703114252j:plain

シガー人形も愛嬌たっぷり

f:id:ChoigeeMitsu:20210703114308j:plain

不朽の名作 Buena Vista Social Club 

f:id:ChoigeeMitsu:20210703114335j:plain

歴史ある名店 フロリディータ

f:id:ChoigeeMitsu:20210703114350j:plain

フローズンダイキリ「パパ・ヘミングウェイ

f:id:ChoigeeMitsu:20210703114409j:plain

トロピカーナのライブショー

f:id:ChoigeeMitsu:20210703114428j:plain

マイアミビーチのオモテナシ

 

ジャマイカ Jamaica モンテゴベイ Montego Bay

ジャマイカと言えば…弓を弾くヘラクレスの勝利ポーズがカッコいい短距離走ウサインボルト、雪の降らない国のボブスレーがオリンピックネタ映画になった「クールランニング」、美味さと香りのブルマンことBlue Mountainコーヒー、そして激しいリズムとクリクリロンゲで一世を風靡したボブマーリーのレゲエミュージックなど…カリブ海の小さな英語圏の島国は世界的話題に事欠かないが、最大の魅力は美しいマリンリゾートだ!モンテゴベイの高級リゾートHalf Moon Clubの3食+オヤツ&ドリンク付スイートルームに滞在すれば貴重品を持たずに手ぶらでカリビアンレストランも利用することができる。緑と黄色のパンチの利いた国旗は一度見たら忘れないが、実は独特の色彩感覚を生かした大胆でカラフルなジャマイカ柄は世界的パフォーマーのステージやインテリアに引っ張り凧…ピンズファブリックPing’s Fabricsはじめオリジナル生地を製造販売する店も多いのでビーチ遊びの合間にホテルの専用車を利用して工場見学するとよい。

 

f:id:ChoigeeMitsu:20210703111720j:plain

モンテゴベイの高級リゾート Half Moon Club

f:id:ChoigeeMitsu:20210703111734j:plain

最高のプライベートビーチ

f:id:ChoigeeMitsu:20210703111755j:plain

ジャマイカでは串焼きもカラフル

f:id:ChoigeeMitsu:20210703111812j:plain

肉料理の付け合せは豆ごはん

f:id:ChoigeeMitsu:20210703111841j:plain

これぞジャマイカ柄のファブリック

f:id:ChoigeeMitsu:20210703111904j:plain

仕事中もレゲエでノリノリ?

 

Mexico メキシコ Cancunカンクン

ユカタン半島先端に位置する観光地カンクンはメキシコ有数のハネムーンのメッカだが隣国キューバに渡るベストアクセス拠点でもある。何故ならキューバ航空の機体は老朽化で床下から燃料の悪臭が侵入することがあるので、最短ルートで飛ぶことでリスクを低減できるからだ。とはいえマリンスポーツやビーチライフなど紺碧の海と青空と爽やかな風に恵まれたリゾートはまさに楽園。マヤ文明の遺跡や博物館もあるが、裏通りに入れば底抜けに明るい人々の掛け声や歌声の絶えないカラフルな街をブラブラするだけで元気を貰える。日暮れとともに何処からともなく流れてくるマリアッチ…ソンブレロを被った華やかな民族衣装の楽団がギターとバイオリンやトランペットなどで奏でる独特のメキシコ音楽に思わず体がリズムに乗って動きだす。こうなったら冷えたコロナビールをビンから一気飲み…人気店エルセーハスEl Cejasで大エビやイカなどカリブ海のシーフードを堪能して、仕上げは勿論テキーラベースのマルガリータだ!

f:id:ChoigeeMitsu:20210703110707j:plain

カンクンのビーチリゾート

f:id:ChoigeeMitsu:20210703110724j:plain

カラフルなカンクンの街並

f:id:ChoigeeMitsu:20210703110809j:plain

エルセーハス El Cejas カンクン Mercado 28, Avenida Sunyaxchen

f:id:ChoigeeMitsu:20210703110751j:plain

ボリュームたっぷりシーフードグリル

f:id:ChoigeeMitsu:20210703110824j:plain

土産は勿論ソンブレロ(これは我が家のミニチュア)

 

グランドキャニオンGrand Canyon ラスベガスLas Vegas

グランドキャニオンは一度は行ってみたい世界遺産の代表格…地殻変動と過酷な気象エネルギーが作り出した壮大な造形を覗き込めば谷底の車や人間が蟻より小さくてスケール感はマヒする。この地層が赤いのは西部開拓史の中で無数の先住民の血が流されたから?…などと言う感傷は、帰路1.5時間のセスナ機が落雷を受けつつスコールの中を上下飛行する瞬間にブッ飛んで着陸前に頭の中はカラッポになるが、この状態こそラスベガスに相応しいのだ!そうでなければ、荒涼たる砂漠と核汚染された原爆実験場という人間の住めない環境にも拘わらず…煌々と不夜城さながらのイルミネーション、アートにも趣向を凝らした大型高級ホテル群、併存するカジノと流れるプールとジェットコースター、目白押しの高級ブランドショップ、世界一を競うマジックとダンスショーとタイトルマッチ戦、Il Divoのライブ、外気温43℃なのにロビーは冷房18℃…というアンバランスには耐えられない。最高級ホテルで特上ランクWagyu OG(オーストラリア産の和牛?)ステーキをギャンブル気分でオーダーするのも一興だ。

f:id:ChoigeeMitsu:20210703164552j:plain

グランドキャニオン Grand Canyon

f:id:ChoigeeMitsu:20210703164524j:plain

セスナは揺れと落雷に要注意

f:id:ChoigeeMitsu:20210703164606j:plain

不夜城ラスベガス

f:id:ChoigeeMitsu:20210703164625j:plain

ホテルロビーはアート満載

f:id:ChoigeeMitsu:20210703164640j:plain

ホテルプールも生アート満載

f:id:ChoigeeMitsu:20210703164657j:plain

ホテルのショーは歌と踊りとマジックのオンパレード





 

ナイアガラNiagara Falls   ニューヨークNew York

秘境イグアスとビクトリアに比べるとナイアガラは世界三大瀑布の中で最も流水が綺麗で、アクセスがよく設備やアトラクションも整い手軽に圧倒的スペクタクルを堪能できる感動スポットである。特に滝壺遊覧船で豪雨のようなシャワーを浴びながらの絶叫は一生の想い出体験!滝は英語でFallsだが…手前に広かる豊かな湿原にまんまんと湛えられた清流が一気に垂直に落下fallする光景はさながら「天国と地獄」。時間があればトロント側からのカナダ滝とバッファロー側からのアメリカ滝を周遊したい。ただし混み合う観光名所での食事はハンバーガーで無難に済ませ、美食を求めてNew Yorkに移動すべし!かつてアメリカンドリームの象徴だった街も9.11テロとトランプ後遺症で腰が引けるかも知れないが…青空に映える自由の女神とレトロで味わい深い摩天楼の街並みに再会し、SOHOが一躍アートのメッカになった頃から不動の人気店ゾエZoeのフージョン料理を堪能しながらジェンダーフリーの雰囲気に浸ればハイテンションのニューヨーカーに変身だ!

f:id:ChoigeeMitsu:20210701214417j:plain

Niagara Falls

f:id:ChoigeeMitsu:20210701214431j:plain

滝壺遊覧船

f:id:ChoigeeMitsu:20210701214444j:plain

豪雨のようなシャワーを浴びながらの絶叫

f:id:ChoigeeMitsu:20210701214500j:plain

我が家にある絵本作家Cathy Jakobsonの作品「My New York」

f:id:ChoigeeMitsu:20210701214521j:plain

青空に映える自由の女神

f:id:ChoigeeMitsu:20210701215134j:plain

人気店ゾエZoe  お試しはTokyo銀座ゾエでお気軽に…

 

イグアス Iguazu ブエノスアイレス Buenos Aires

南米イグアスは先住民グアラニ族の言葉で「大いなる水 Y Guazú」を意味する滝幅4000mを誇る地球最大規模の瀑布。ブラジルからのルートもあるがアルゼンチン側から覗き込む悪魔の喉笛には絶句!轟轟と地響きを上げて唸る津波を思わせる無限の濁流の迫力に圧倒される。ゴムボートの滝壺ツアー乗っても乗らずも飛沫で全身ズブ濡れ…ただし秘境の泥水は美味しくないので早々にブエノスアイレス空港まで1時間半のフライトを利用しよう。船乗りが残ったペンキで塗り分けたカラフルな旧市街カミニートはタンゴの街に相応しいレトロ感に溢れ、戦時には滑走路にもなるという広いメインストリートの街路樹は11月になると日本のお花見さながらに満開の薄紫色で覆われる…これぞ憧れのハカランダ!花を愛でれば腹が空く。アルゼンチン料理は肉が多いので野菜不足を心配していると目につく看板はBroccolino…おおブロッコリー!と勇んで入った店内の写真は何故かニューヨーク…こりゃ早とちりのブルックリンだったわい!と納得の南米屈指の美食イタリアンである。

f:id:ChoigeeMitsu:20210703115126j:plain

イグアスの滝 Cataratas del Iguazú

f:id:ChoigeeMitsu:20210703115139j:plain

イグアスの滝 Cataratas del Iguazú

f:id:ChoigeeMitsu:20210703115153j:plain

悪魔の喉笛 Garganta del Diablo

f:id:ChoigeeMitsu:20210703115210j:plain

我が家の壁のCaminito カラフルな旧市街カミニート

f:id:ChoigeeMitsu:20210703115222j:plain

最近は日本でも見かけるハカランダ Jacarandaの花

f:id:ChoigeeMitsu:20210703115242j:plain

人気店Broccolino Esmeralda776,BuenosAires