岡光彦のMy Happy Restaurant世界あの街この店

ヨーロッパ・アジアの楽しく美味しい街ある記

2022コロナにめげずワイン旅(3)カルカッソンヌ

2022コロナにめげずワイン旅…美酒美食雑感(3)カルカッソンヌ
南フランス世界遺産の街…カルカッソンヌ城の一部を利用したホテル・ド・ラ・シテのディナーは、我々の結婚50年の先取り祝いとしてホテルから頂戴したクレマン・ドゥ・リムSieur d'Arques Première Bulle Brutで乾杯。オシャレな料理には城の麓の村で作られるまさに地酒のDomaine de la Sapinièreロゼ。ライトアップされた美しい夜景を眺めながらの食後は地酒の甘口バニュルスBanyulsで一丁出来上がり!
ファミリーツアーの打ち上げは水路と噴水のオシャレタウン・ニームのセレブホテル中庭レストランL.IMPEでピエール・ガニエール監修のオシャレメニューに合わせて、もちろんラングドックルーションのロゼ!シラー・グルナッシュ・カリニャンからなる味わい深いSérénade Poivre d'Aneをマグナムボトルで!
ニームの帆布がアメリカでジーンズに変身したといわれるがニームにはデニムの店はない…まあそんなことに関係なく結論としては夏の南仏にはロゼが似合う!!
婿殿が予約時に結婚50年記念と言ってくれたので部屋にはプレミアのクレマン レストランに持込みもOK
アウトドアの画像のようです
カルカッソンヌ城から見える葡萄畑
4人、ボトル、室内の画像のようです
まさに地酒…ラベルの雰囲気も最高!
1人の画像のようです
甘口バニュルスで夜景にもウットリ😅
1人、ボトルの画像のようです
ニームにピッタリのロゼ セレナーデ
、「MAISONALBAR MAISON IMPERATO IMPERAT」というテキストの画像のようです
ファミリーツアーの打ち上げはオシャレなホテルのガーデンディナー